木材腐朽は化学変化ですか?

著者の写真
ソリウ脚本の作品

 

愛を広めます

木材腐朽が化学変化であるかどうかについては、多くの議論と議論がありました。

したがって、この記事では、木材腐朽の概念について説明および分析し、それを化学的および物理的変化と比較対照します。

広告

そのため、コンテンツがスタイリッシュに展開されるので、時間をかけて読んでください。

木の概念の簡単な紹介

木材は、世界中のほとんどの家庭で一般的に使用されている素材です。 しかし、木の痕跡を見つけずに建物を見るのは珍しいことではありませんが、散発的です。 

木で作られた建築材料とは別に、あなたの家を建てるには木で作られた材料が必要です。 

リストが大きすぎて、今は言及できません。 

さらに、今日どこでも使用されている大量の材料やユーティリティは、木材または木材に由来する他の材料から作られています。 

この明らかな有用性は別として、木で作られたアイテムは通常、強く、美しく、再生可能で、整頓されていて、耐久性があります。 適切な注意を払えば、木材は長持ちします。 

木材腐朽は化学変化ですか?

しかし、特定の出来事は、木材や特徴の安定した状態を嫌な刺激的な状態に変えます。 

それだけでなく、それは材料の状態全体を破壊し、それを役に立たなくし、価値のないものにする可能性があります。 それは木の腐敗です。 

通常、それは木材や材料を徐々に弱め、時にはいくつかの粉末物質を放出することによって起こります。 

次に、これは私たちに質問をもたらします。 木材腐朽は化学変化ですか?

木材腐朽は化学変化ですか?

の見解と推奨事項に沿って 化学者 世界中で、木材と木材の腐った反応は化学変化と見なされています。

木材も物理的に影響を受けるため、物理的な変化ではなく化学的な変化であると結論付けられる理由を知りたい場合があります。 

木材の腐敗と化学変化が何を意味するのかを知らなければ、質問の性質を理解することはできません。 

木材腐病と化学変化というXNUMXつの概念を簡単に説明してから、長期的にはそれらがどのように交差するかを判断する必要があります。  

ウッドロットとは何ですか?

木の腐敗は、真菌が木の板や木材を攻撃する状況として簡単に説明できます。 それは、森の中の真菌の成長によって引き起こされる森の腐敗です。 

菌類の攻撃は、木材の壁の細胞の破壊を引き起こし、木材の強度を徐々に失い、それは木材の有用性が失われるまで続きます。 

当然のことながら、菌類は攻撃を開始する前に、木材に少なくとも20パーセントの含水率を必要とします。 

したがって、特定の状況が水の侵入または木材の凝縮を引き起こさない限り、それらを木材で見つけることはまれです。 

そのため、木材が20%以上の水分を含むほど湿り気があり、すぐに乾ききれない場合、または湿り気が繰り返される場合は、木材を食べる菌類にとって理想的な状態になります。

さまざまな方法で木材を消費するさまざまな菌類があります。 たとえば、菌類の中には森の中の炭水化物を攻撃するものもあれば、リグニンを狙うものもあります。 

木材腐朽を引き起こす菌類にはさまざまな種類がありますが、一般的に木材に影響を与えるXNUMXつの注目すべき種類の木材腐朽があります。

これらの種は、森への攻撃を開始する方法に従って分類されます。 白腐れ、茶色腐れ、やわらかい腐敗。

化学変化とは何ですか? 

ソースが異なれば、化学変化の概念には異なるが類似した意味が与えられます。 上記の意味の概要は、次のように要約できます。

化学変化とは、ある物質が別の物質と結合して新しい製品を形成することを意味する場合があります。 

また、化学物質が形態を変えたり、最初の物質とは異なるXNUMXつ以上の別々の物質に分解されたりすることを意味するとも言えます。

これらの化学変化または反応は可逆的ではないことに注意する必要があります。 代わりに、別の化学変化のプロセスを通じて可能になります。 

物質の変化は異なります。 反応中に熱を発生するものもあれば、変化を起こすために熱を必要とするものもあります。 これを知ることは必要であると考えられます。 

化学的変化と物理的変化の違いを簡単に分析することが重要です。両方が別の変化の代わりに使用されることがあるからです。 

化学変化は、XNUMXつ以上の物質が別のXNUMXつ以上の物質を形成するように変換されるプロセスですが、物理的変化は単に元素の状態に変化します。 

物理的な変化があると、化学元素は同じままで、物質の物理的特性が変化します。 

これは、氷が水に溶けて水が蒸気に変わる場合です。 化学的アイデンティティを保持しながら変化したのは物理的アイデンティティのみであることがわかります。 

ただし、化学変化が発生すると、化学元素が再配置され、反応の後に別の生成物または物質に変化するエネルギーが続きます。 

私たちの周りで毎日起こる化学変化のさまざまな例があります。 長いリストからいくつか考えてみましょう。 

典型的な例は、水素と水酸化ナトリウムを生成するための水とナトリウムの反応です。 それだけでなく、他の例もあります。

  • 薪の燃焼
  • 紙の燃焼
  • 花火の爆発
  • 鉄の錆び
  • 果物の腐敗
  • 卵を茹でるなど。

これらおよびそれ以上は化学変化です。 その結果、変化または反応前の最初の化学物質とは常に化学的に異なります。

木材腐朽菌は化学的変化ですか、それとも物理的変化ですか?

以上の分析から、木材腐敗は化学変化であると断定的に言えます。 

木材腐敗は分解の一形態として発生します。 化学分解。 これは、菌類の攻撃により、木材の化学元素がより小さな分子またはより単純な分子に分解されたときに発生します。 

したがって、これらの木材の変化は、化学変化または反応と見なされます。 それは物理的な変化にリンクされるべきではありません。 

結論

この時点で、あなたは談話のトピックを完全に理解し、このブログはそれに正義を成し遂げたというのが私たちの謙虚な信念です。

したがって、誰かが木材腐朽が化学的変化なのか物理的変化なのかを尋ねられた場合、二度と考えずに明確な答えを出すことができるはずです。


愛を広めます

コメント