心の知能指数の4つのコンポーネントとそれらを改善する方法

著者の写真
ゴッドフリー脚本の作品

 

愛を広めます

簡単に言えば、心の知能指数は感情的および社会的能力です。 心の知能指数は、意思決定を行う際に感情情報を使用するだけでなく、感情情報を識別して理解する能力です。 感情は重要ですが、それらを見通しに入れるのは難しい場合があります。

心の知能指数は、私たち自身の感情的な経験を理解し、他の人の感情的な経験と戦い、健全な関係を維持し、より感情的に知的な組織を構築するために必要な一連の感情的および社会的能力です。

心の知能指数にはXNUMXつの要素があります。

  1. 自己認識;
  2. 感情の管理;
  3. 共感;
  4. 関係の処理。

これらのXNUMXつのコンポーネントは、複雑な感情的な状況をよりよく理解することで、簡単にナビゲートするのに役立ちます。 これらのコンポーネントが何を意味し、どのように機能するかを知ることは、状況のより完全な全体像を把握できるため、人生でより良い決定を下すのに役立ちます。

自己認識は、私たちが自分の内面で感じていることを認識し、それに応じてそれらの感情を管理できるようにするのに役立ちます。これには、罪悪感や恥ずかしさを感じることなく、必要なときに自分自身の世話をすることができることが含まれます。 感情の管理とは、怒りやその他の強い感情を、自分自身の一部として所有しながら調整する方法を学ぶことです。

共感、つまり他人の視点から感情的な経験を理解する能力は、人間関係をよりよく管理し、他人の感情的知性を構築するのに役立ちます。たとえば、子供があなたに腹を立てているときに何を感じているのか、そしてその理由を理解するのに役立ちます。

最後に、人間関係の取り扱いは、他の人がいなくても健全な人間関係を維持できるように、真実を語りながらよく耳を傾ける方法を学んでいます。

以下で詳しく説明します。

自己認識:心の知能指数のXNUMXつの要素のXNUMXつ

自己認識とは、感情的な情報を理解し、それを意思決定に使用する能力です。 自己認識のある人々は、自分の感情、それらが他の人にどのように影響するかを認識しており、それに応じて自分自身を調整することができます。

彼らはまた、感情的な反応は特定の出来事や状況から来ることを理解しており、感情的な反応ではなく事実に基づいて決定を下すのに役立ちます。

自己認識を説明する別の方法は、「自分自身を知ること」です。 これは、意思決定のツールとして心の知能指数を使用することにより、心の知能指数が引き継がれる前に心の知能指数を認識できることを意味します。

あなたは何があなたを感情的に誘発するかを知っています。 あなたは自分の長所と短所にもっと気づき、それらを適切に扱うことができるようになります。 これはすべて、私たち自身の感情をよりよく管理することにつながります。なぜなら、どの感情的反応が適切で健康的であるかを知るのに十分な自信があるからです。

自己認識は私たちの生活の中でより感情的な明晰さを持つことを可能にし、それは私たちが感情的知性の他のXNUMXつの要素から来る感情的知性に基づいてより良い決定をするのを助けます。

XNUMXつの側面はすべて、非常に絡み合っているため自己認識に戻りますが、これは特に、私たちが感情的に誰であるかを知り、特定のことが起こる理由の背後にある感情を理解することによってそれを十分に管理できることを扱います。

アトランティックライド
クレジット:banchiinspirations.com

自己認識を利用した心の知能指数の例

たとえば、あなたがマネージャーである職場に行く途中で、無謀な運転手があなたの車にぶつかった場合、あなたはそれをあなたの労働者に持ち出しますか?

いいえ。自己認識の心の知能指数は、深呼吸をして、反応する前に状況を評価することから始めなければならないと言うでしょう。

たとえば、怪我や物的損害があった場合。 あなたの感情的な状態は、誰かが注意を払っていなかったために仕事の途中であなたにホーンを鳴らした場合とは異なる場合があります(違法ではありませんが、それでも安全ではありません)。 あなたの感情的な反応はそれに応じて変化するので、あなたは必ずしも怒りや欲求不満に打ちのめされる必要はありません。

これは、関係を扱うときにも当てはまります。 人々が特定の方法で行動する理由の背後で感情的に何が起こっているのかを理解することは、私たちが怒鳴ったり、恥をかかせたり、完全に彼らのせいではなかった何かのために過度に非難したりすることなく、それらの感情を十分に管理するのに役立ちます。誰にも役立たない道と感情的知性。

感情的管理:心の知能指数のXNUMXつのコンポーネントのうちのコンポーネント番号XNUMX

これは、自分自身と自分の感情的反応を最もよく管理するために、感情を適切に調整する方法を理解することを扱う心の知能指数です。

これは、感情的な反応が適切であるかどうかを、それを引き起こした原因に応じて理解できることを意味します。人はイライラしているように感じるかもしれませんが、何か間違ったことをした人を激しく非難することの結果があることを知っています。

感情をうまく管理する能力は、他の人が過度に批判されたり恥をかいたりすることなく健全な関係を維持するのに役立ちます。また、感情的な反応ではなく事実に基づいて決定を下すのにも役立ちます。

たとえば、交通渋滞のためにすでに仕事に遅れているために腹を立て始めた場合、これは、誰も(あなた自身を含む)が健康的な感情的な状態で前進するのを助けない復讐を望んでいるという考えのような他のことにつながる可能性があります。

しかし、あなたがあなたの感情的反応を管理するとき、あなたは感情的知性のためにより良い決定をする能力を持っています。 たとえば、あなたを遅らせるために何か間違ったことをした人(せっかちな運転手など)をただ激しく非難するのではなく、感情的な管理を使用して、怒りや欲求不満で感情的に反応する前に、最初に適切で起こりうる結果について考えることができます。復讐のように役に立たない他の感情的な反応につながります。

また、他者との関係をポジティブにしたいと考えています。感情的な管理を使用することで、ネガティブな感情を引き起こす可能性のある人々から時間と空間を確保し、周囲の人々が過度に批判されていると感じることなく耳を傾けることができるようにすることで、彼らを軌道に乗せることができます。

これは自己認識に戻ります-私たちが感情的な自己認識を持っていない場合、感情的な反応を本来あるべき方法で管理することは困難です。それが感情的知性の中心的な部分である理由です

感情的な管理コンポーネント:

  1. 何がそれを引き起こしたかに応じて、私たちの感情的な反応が適切であるかどうかを認識する。
  2. 感情的に行動する前に結果について考え、感情的な反応ではなく事実に基づいて決定を下せるように、否定的な感情を管理します。
  3. 心の知能指数は感情管理の中心です。つまり、感情的な自己認識と、感情が他の人に悪影響を与える可能性があることを理解する能力(彼らが最善を尽くしているときに批判されていると感じさせるなど)は、このコンポーネントの重要な要素です。
  4. 感情的な管理には、トリガーに応じて特定の状況にどのような感情的な反応が適切または不適切であるかを理解することも含まれます。あなたが復讐に頼らないようにあなたの怒りを管理しながら。
心の知能指数
クレジット:pinterest.com

共感:心の知能指数のXNUMXつの要素のうちのXNUMX番目の要素

共感は、私たちが他人の立場に立つことを可能にする心の知能指数の要素です。 それは、他の人が何を経験しているのかを理解し、彼らの感情に応じてどのように反応するかを知ることを意味します

それはまた、他の要因を非難するのではなく、何か(いじめなど)を経験した人が自分の受けた感情的反応の説明責任を果たすことがより適切であるかどうかを理解できることを意味します

共感は、友人、家族、同僚、または路上で出会ったばかりの見知らぬ人など、人々とのつながりを築くのに役立ちます。 周りの人に共感し、注意深く耳を傾け、感情的な反応が不快になっても聞こえるようにすると、共感が私たちをつなぐので、人間としての意味を与えるつながりが生まれます。

この心の知能指数は、他の人が自分の感情的反応をより意識するのを助け、不必要に自分自身をトラブルに巻き込まないようにすることもできます。

たとえば、スターバックスの路線が移動するのに時間がかかりすぎるために人が不満を感じていて、「今は本当に不満を感じるだろう」と共感する場合、これは共感的な方法で彼らの気持ちを検証するのに役立ちます。批判したり傷つけたりする

共感とは、他の人がどのように感情的に反応し、敏感さを示しているかを理解することを意味します。たとえ他​​の人がこれらの感情を持っている理由がわからない場合でも。 共感はお互いの感情的な経験を大切にする人間として私たちをつなぐので、それは人生に意味を与えるつながりを作ります

共感的な行動の例は、周囲の人々の感情的な反応に気づき、感情的な管理を通じて適切に反応することです。 たとえば、上司が昨夜の行動に腹を立てるのではないかと心配して仕事に行くことに不安を感じている人は、「今日は仕事に不安を感じるかもしれませんが、あなたの上司はあなたに怒っていないと確信しています。」

人間関係の処理:心の知能指数のXNUMXつのコンポーネントのうちのコンポーネント番号XNUMXは、人間関係を処理する機能です。

人間関係の処理は、他の人との感情​​的なつながりを管理するのに役立つ心の知能指数のコンポーネントです

それは、他人の感情的な状態を理解し、共感できることを意味します-彼らが怒っているか傷ついている場合のように。 人間関係を処理することには、感情的な爆発に頼ることなく困難な状況を処理する能力も含まれます

この例としては、友人が計画を忘れてイライラしたが、一日中待たせて後で気分が悪くなるように怒鳴る代わりに、「待っているに違いない」と言う方が理にかなっているかもしれません。私はあなたを本当に心配させました。」 批判の代わりに共感を使用すると、怒りを管理しながら前向きな感情的なつながりを維持するのに役立ちます

二人の間の感情的な絆を強化する別の方法は、心の知能指数を介することです

たとえば、誰かが状況について感情的に感じていて、その気持ちをあなたと共有している場合、「それが起こってすみません。 元気ですか?" これは、他の誰かの感情的な状態への共感を示し、同時にXNUMX人の間の感情的なつながりを強化するのに役立つ方法でそれらを検証します

人間関係を処理することは、反応として批判や爆発に頼るのではなく、感情や共感を理解することで他の人との感情​​的なつながりを管理するのに役立つ心の知能指数のコンポーネントです

感情的な知性を向上させるための実用的なステップ

心の知能指数は、人々が改善できるものです。 それは完璧な科学ではありませんが、あなたがどのように感じているか、そして他の人があなたと共有している感情をもっと意識する方法があります。 改善のための簡単なヒントを次に示します。

1.他の人があなたに話しかけるときは注意してください。

彼らの言葉や表情に注意を向けて、彼らが何を言っているのか、そしてそれが彼らに何らかの影響を与えるかどうかを理解してください。 これは、彼らがその時に感じているかもしれない感情を測るのに役立ちます。

たとえば、誰かが怒った表情を見せながら「私は幸せだ」と言うかもしれません。 なぜ彼らがそのような矛盾を起こすのか自問してみてください–それは彼らが安心を望んでいるからですか? それとも彼らは励ましが必要ですか? これらを特定することは、次のステップにつながるのに役立ちます。

2.相手の視点と、相手が感じていることを考慮します

その時の自分の気持ちとは違っていても。 あなたが物事の終わりにいたらあなたがどのように感じるかを想像するのを助けることができます。

これにより、彼らとのより良い関係と両当事者間のより深い理解に対する彼らへの共感が示されます。 これは、感情や人々を「読む」ことを理解するXNUMXつの方法でもあります。

3.感情的に反応する前に、新しい情報を考慮に入れてください

今の反応に影響を与える可能性のある過去の考えや意見(以前の悪い経験など)があるかどうかを考えてください。 心の知能指数には、現在の反応を制御することが含まれる場合があります。これにより、何かが急に作られたために将来の関係が損なわれることはありません。

たとえば、誰かがあなたのコメントに腹を立てた場合は、たとえそれが彼らを侮辱することであっても、他のことを言う前に立ち止まって考えてください。 感情が落ち着いたら、謝罪するか、単にあなたの発言について彼らがどう思ったか尋ねてください。 これは、怒りや傷ついた感情で失われていたかもしれない、より建設的な対話につながります。

4.感情が身体的反応にもどのように影響するかに注意してください!

たとえば、不安感は顎の筋肉に緊張を引き起こし、同時に握手を引き起こす可能性があります。これは、周りに緊張しているように見えるが、兆候(不安など)を示さないように必死に努力している他の人と話すときに注意する必要があります。

体がストレスをうまく処理できないからかもしれないので、なぜ緊張しているのかを明確にするために質問をしてみてください。

5.自分の体が何を感じているか、そしてそれがあなたの周りの他の人にもどのように影響しているのかを認識して、自己認識を実践します

誰かが不合理な方法で怒り狂う原因となる可能性のある肉体的な怒りの感覚など。 あなたが自分の面倒を見ていないと、あなたの感情は自分自身を適切に調整することができず、近くにいる人にプラスの影響を与えることができません。 セルフケアは、心の知能指数にとっても同様に重要です。

6.話している間は人の邪魔をしないでください

「あなたはそれを知っておくべき」という態度で話している間、人々を邪魔しないでください。 これは、たとえあなたがそれをまったくそのように意味していなかったとしても、彼らを軽蔑し、重要でないと感じさせる可能性があります。 これはまた、議論や白熱した議論であなたが言うことに注意することを意味します。

7.あなたの気持ちや経験から話してください、しかし

自分の気持ちや経験から話すだけでなく、相手の意見も考慮に入れてください。いつもみんなを喜ばせることはできません。 これは、物事に対する他の人の見解も尊重しながら、より客観的な決定を下すのに役立ちます!

感情的知性
クレジット:educba.com

サマリー

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、心の知能指数のXNUMXつの要素は、実際にはすべて同じもののように見えます。 それらは、困難な状況での感情的反応を管理するのに役立つ心の知能指数です。

しかし、それらはそれぞれ、私たちが心の知能指数であることを確認するための重要な機能を果たします

心の知能指数のXNUMXつの要素には、他者に共感する能力、自分自身がどれほど感情的であるかを理解し、それに応じてそれらの感情を管理する能力、他の人々との関係を処理して、反応として批判や爆発に頼ることなく強い感情的なつながりがあるようにする能力が含まれます。最終的に自分の感情を識別できるようになり、自分の周りで何が起こっているのかをよりよく理解できるようになります

心の知能指数は、スターバックスで待つときに、他の人を責めたり、感情的な絆に害を及ぼす可能性のある叫び声を上げたりするのではなく、移動に時間がかかりすぎるためにイライラするなど、否定的な反応がどこから来ているのかをよりよく知るのに役立ちます

結局のところ、心の知能指数は、他の人々との適切な関係を維持しながら、私たちの感情的な反応を理解して管理する方法です。 共感は、困難な状況で他人の気持ちを理解することなしには存在できない感情的な経験を提供することによって人生に意味を与えるXNUMX人以上の個人間のつながりを作り出すので、それは私たちを人間としてつなぐものです

ここで重要なポイントは、私たち全員が感情を持っているということですが、それは誰にとっても必ずしも簡単ではありません。 これらの感情を管理するのに役立つ心の知能指数などのスキルが必要です。そうすれば、衝動的に行動したり、自分自身や周囲の人についての気持ちを制御したりすることがなくなります。さらに、関係が容易になります。

あなたがあなたの感情的知性のスキルを使うとき、あなたは人生に意味を与えるのを本当に助けることができる他の人との感情​​的なつながりと感情的な絆を作ります。

私たちに同意しませんか? 以下にコメントを残してください


愛を広めます

コメント