ロボティック プロセス オートメーション – 概要

著者の写真
ポール脚本の作品

 

愛を広めます

すでにご存じのとおり、自動化は現代の最も優れたイノベーションの XNUMX つです。 コンピューター プログラムにタスクを割り当て、その仕事をすべて自分で実行し、結果を得ることができるというのは、話がうますぎるように思えます。 手作業で記録をふるいにかけ、各詳細が正しいことを確認し、大きな物理ファイルを保存するのが面倒だったことは否定できません。

このようなシステムの重大な制限には、人間が XNUMX 日に作業できる時間の制約や、要素によって物理ファイルが失われたり、盗まれたり、破損したりする可能性があるため、紛失や破損のリスクが含まれます。 リストは広範囲です。 しかし、最近では、新しい変化の波が業界を乗っ取っているのを見てきました。 AI、機械学習、クラウド コンピューティングの分野では、多くの開発と進歩がありました。

これらすべての結果として、世界はより速く、より効率的になり、XNUMX 時間体制で作業できるようになりました。 以前は、シフトが終わると、やらなければならない仕事は翌日まで待たなければなりませんでした。 たとえば、アパレル ビジネスは、ソーシャル ネットワークや Web サイトを通じて注文を受けます。

これらは、人々をあなたの製品に誘導したさまざまなチャネルです。 人それぞれ期待は異なりますが、基本的には、注文したものが処理されたときにそれを手に入れたいと考えています。 しかし、私たちの多くが知っているように、購入プロセスにはこれ以外にも多くのことがあります。 自動化を使用すると、注文処理プロセスを合理化できるだけでなく、顧客体験に価値を追加することもできます.

ウェブサイトで注文すると、すぐに注文確認のメールが届きます。 このメールには、ご注文の詳細がすべて記載されており、その進行状況を追跡することができます。

売り手にとっては、在庫がなくなりつつあるため、新しい在庫数でレコードが更新され、収益が発生したため、財務が更新され、すべての関係者、つまりサプライヤーとロジスティクスに通知されます。 自動化を使用するだけで、これらのプロセスはすべて独自に発生し、XNUMX 時間体制で発生します。

アトランティックライド

ロボットプロセス自動化

これはどのように起こるのでしょうか? 自動化について聞いたことがありますが、これらすべてを自動化しているのは何ですか? ロボティック プロセス オートメーション。

簡単に言えば、これはボットを使用してユーザーに代わって作業を行うプロセスとして定義されます。 ボットは、重くて退屈で反復的な仕事をすべてこなしてくれる小さなデジタル ワーカーです。 これらは、おもちゃを作るのではなく、記録を更新し、電子メールを送信し、取引を記録していることを除けば、サンタのエルフと考えてください。

自動化に値する信用を与えないことがよくあります。これらの仕事を人間に任せると、すべてを整えるのに長い時間がかかるからです。 さらに、疲労とそれに続くヒューマン エラーを考慮に入れる必要があります。 さらに、人間は 24 時間 7 日働くことができず、より多くの人を雇うとコストが上昇し、収益が減少することも考慮する必要があります。

RPAを使えば、これらの問題はすべて解消されます。 疲労、人的エラー、メールが届かない、レコードが更新されないなどの心配はもうありません。 RPA ボットを使用する場合、フロント オフィス ボットとバック オフィス ボットを組み合わせることができます。 その結果、フロント オフィスが取引を行うと、バック オフィスのボットが必要な情報を抽出し、それに基づいてさまざまな関連機能を実行できます。

RPAの利点

当然のことながら、RPA には多くのメリットがあり、効果的なソリューションとなっています。 束の中で最も重要なものは次のとおりです。

データ処理

コンピューター システムが人間よりも指数関数的に多くの作業を実行できることはよく知られています。 その結果、RPA、つまりソフトウェアは、いつでも大量のデータを処理できます。 人間が 10 時間に 1000 回のエントリを作成できる場合、コンピューターは XNUMX 回のエントリを作成できます。

学習の可能性

多くの RPA ボットは、ジョブを実行する際に AI の力を活用しています。 機械学習と組み合わせることで、システムは過去の習慣やトリガーから学習できるようになりました。 パターンを識別し、システムを改善したり、物事がどのように進んでいるかについてさらに学習したりするために使用できる洞察を生成することを学習できます。

実行

RPA ボットは、一定の間隔で動作し、特定のジョブを実行するようにプログラムできます。 プログラムが完了すると、すべての要件が満たされると、ボットはその仕事を実行します。 たとえば、RPA ボットが XNUMX 時間ごとに外国為替変動の記録を維持し、それらを Google シートに記録する必要がある場合、まさにそれを行います。それ以上でもそれ以下でもありません。

このアクションは、それとの相互作用があるかどうかに関係なくオフになります。 データが必要になると、使用されるのを待ちます。 Spectrum のインターネットを使用すると、このプロセスの有効性が最高レベルに引き上げられます。 ここをクリックして彼らのウェブサイトにアクセスしてください 詳細はこちら!

生産性

RPA ボットの仕事は、特定のタスクまたは一連のタスクを実行することです。 それ以外は何もしなくていいし、指示されたらしなければならない。 病気にかかったり、休みを取ったり、エネルギーが低下したり、生産性が低下したりすることはありません。 仕事を完了するためにすべてをナビゲートする必要がある人間とは対照的に、ボットはほんの数秒でタスクを実行できます。

短期的にも長期的にも、これにより生産性が飛躍的に向上し、ビジネスがより簡単になります。 平凡で反復的なことを心配する必要がないときは、重要なことに集中する時間が増えます。

効率性

人間はどんなに力を尽くしても、依然として死すべき肉と血の存在です。 彼らの心と体は、休息と充電が必要になる前にできることは限られています。 一方、RPA ボットは、これらの制限のいずれにも悩まされない複雑なコード セットです。

RPA ボットは、立ち止まったり、寝たり、食べたり、飲んだり、休んだりする必要はありません。 2 つの RPA ボットで、5 人から 5 人の従業員ができる以上のことができると推定されています。 さらに、200 人のチームが XNUMX 時間に XNUMX のタスクを実行できる場合、XNUMX つの RPA ボットは同時に XNUMX のタスクを実行できます。

このパフォーマンスをさらに向上させるには、維持できるインターネット接続が必要です。 Mediacom は、安全で安定した信頼できるインターネット プロバイダーとして信頼できることを何度も示しています。 詳しく知ることができ、 こちらをクリック 彼らのウェブサイトにアクセスします。

正確さ

ヒューマン エラーの可能性は常に存在します。 どんなに頭脳明晰で勤勉な人でも間違いを犯すことがあります。それが私たちの姿です。 RPA ボットにはこの制限はありません。 試行錯誤を通じて、適切な一連の指示を考案し、ボットをデプロイできます。

異常な侵入やアクティビティがなければ、ボットはタスクでエラーを起こしません。 電子メールを開き、その内容をコピーして貼り付け、送信者の電子メール アドレスをコピーして貼り付け、電子メールの内容を分析するようにプログラムされている場合、それはまさにそれを実行します。それ以上でもそれ以下でもありません。

スケーラビリティ

私たちが住んでいるペースの速い世界では、各ビジネスは常に新しい機会に目を光らせ、現在の地位を改善する方法を見つけて拡大する必要があります。 RPA ボットを使用すると、平凡で反復的なタスクが自動化されるため、これが可能になります。

これにより、時間、人員、およびリソースが解放され、製品開発、事業開発、その他の形態の成長など、より差し迫った問題に取り組むことができます。 今日では、Zapier などのサービスにより、中小企業でも活動に参加できるようになりました。 このサービスを使用すると、プロセスを自動化して集中でき、最小限の監視に加えて、ビジネス自体に集中できます。

まとめ

自動化の概念は SF の世界のように感じられますが、実際に使用されている非常に現実的なツールです。 自動化が提供する利便性に加えて、自動化はビジネスをよりスマートにし、競争力を高めます。 これは、短期的および長期的な進歩を全面的に高めるためのツールです。


愛を広めます

コメント