プロジェクト マネージャーのヒント: スコープ クリープへの対処

著者の写真
ポール脚本の作品

 

愛を広めます

プロジェクト管理は非常に正確なプロセスです。 プロジェクト マネージャーは、細心の注意を払ってすべてのステップを処理することが不可欠です。 その結果、管理者がプロジェクト管理の一般的なミスに気を配り、注意を怠ると、ミスや一見些細なエラーが検出されない可能性があります。 詳細に注意を払わなければ、プロジェクトのスケジュールが時間どおりに実行される可能性は低くなります。

典型的なプロジェクト管理の誤りは、プロジェクトの結果を危険にさらすだけではありません。 これらのエラーは、プロジェクト マネージャーとしての評判を危険にさらす可能性もあります。 したがって、できるだけ多くのリスクを排除することが不可欠です。

これらの間違いの中には、割り当ての事故、リソースの不足、細かい管理の習慣、お粗末なコミュニケーション、明確な目標の欠如などがあります。 また、プロジェクトの目的に関しては、プロジェクト マネージャーはスコープ クリープに注意する必要があります。

そうは言っても、これらの基本的なプロジェクト管理の問題を解決してキャリアを進め、最終的に上級管理職を探している場合でも、より高給の会社でプロジェクト管理職に応募しようとしている場合でも、スコープ クリープを理解することは重要です。プロジェクトマネージャーと上級管理者の両方にとって基本的なものです。

それでも、いざ使う時は 上級管理職向けの履歴書ライター.、基本を完全に把握することは、就職活動にとって非常に重要です。 あなたの プレゼンテーション能力 プロジェクトマネージャーとして、あなたのキャリアアップをお手伝いします。

それにもかかわらず、スコープ クリープとは何か、またこの特定の懸念をうまく解消する方法を詳しく見てみましょう。

アトランティックライド

スコープクリープとは?

スコープクリープ 明確なプロジェクト目標の欠如に起因する事例を説明します。 目標が明確に概説されていない場合、マネージャーやチーム メンバーは、プロジェクト スケジュールが開始された後で、追加の詳細や機能を追加する必要があります。 残念ながら、これらの追加の詳細は通常、プロジェクトの結果に不可欠ですが、スコープクリープはチームメンバーを混乱させ、専門家を道に迷わせることがよくあります.

理想的には、プロジェクト マネージャーはスコープ クリープを回避する必要があります。これは、プロジェクトの成功を著しく損なう可能性があるためです。 チームが明確に定義されたプロジェクト スコープに従うことができる代わりに、スコープ クリープの変更は、チームにある程度の混乱をもたらしながら、プロジェクトが予算やスケジュールを超えて実行される可能性があります。 プロジェクト管理にスコープ クリープが存在すると、多くの問題が発生する可能性があります。

しかし、スコープ クリープの原因は何でしょうか?

明確性の欠如、不十分な定義の計画、より多くの費用対効果を得ようとする顧客、顧客とチーム メンバー間の管理されていない直接的なコミュニケーションの許可はすべて、スコープ クリープの一般的な原因です。 さらに、プロジェクトの目的を明確に概説する前にプロジェクトを開始することも、もう XNUMX つの顕著な原因です。

スコープ クリープを完全に排除することは、プロジェクト マネージャーにとって困難であり、時には不可能ですが、適切なプロジェクト管理モデルは、スコープ クリープが発生するリスクを大幅に軽減するのに役立ちます。

スコープ クリープが生み出す落とし穴を回避する

プロジェクトの結果を危険にさらすスコープ クリープを回避する最も効果的な方法は、ウォーターフォール手法の手法を実装することです。 このプロジェクト管理手法は、プロジェクトの各フェーズを通じてウォーターフォールと同様に実行されるプロセスです。 この方法では、各ステップが完全に完了してから、分析と設計からテストまで、次の段階に進みます。

調査と準備の大部分は事前に行われるため、このプロジェクト管理モデルではプロジェクト フェーズがスムーズに進行します。 各ステージの所要時間の見積もりは、はるかに正確です。 その結果、プロジェクトのリリース日はほとんどの場合、より予測しやすくなっています。 さらに、この方法では、プロジェクトが予算を超えて実行されることも同様に防止されます。 

アジャイル プロジェクト管理手法とは異なり、ウォーターフォール方法論手法は、プロジェクト全体ではなく単一のフェーズに焦点を当てると方向転換が難しくなるため、スコープ クリープが発生する可能性がはるかに低くなります。 幸いなことに、追加の機能や詳細は、追加の準備と計画の段階で特定されるため、プロジェクトがすでに開始された後には明らかになりません。

ウォーターフォール手法モデルの実装

ウォーターフォール方法論モデルはスコープ クリープのインスタンスを減らすのに最も効果的であるため、このモデルをどのように実装できるか疑問に思うかもしれません。

プロジェクトの各フェーズを管理するための逐次的または直線的なアプローチを使用して、プロジェクト マネージャーは、最初にプロジェクトのスコープと計画を立てる必要があります。 次に、要件を収集して正確に文書化することが不可欠です。 次にアプリケーションの設計、アプリケーションの開発とテストが続きます。 その後、UAT を実行し、それに応じてアプリケーションを修正する必要があります。 最後に、アプリケーションをデプロイするか、プロジェクトを完成させることができます。

これにより、プロジェクト マネージャーは一度に XNUMX つのフェーズを処理する必要があり、現在のフェーズを最終的に完了する前に次のフェーズに移らないように注意する必要があります。

このプロジェクト管理モデルのいくつかの利点は、要件とプロジェクトの目的がプロセスの早い段階で確立されることです。 さらに、タスクが分割されて順次管理されるため、リソースの使用率も向上します。 また、チーム メンバーはプロジェクトの範囲を透過的に理解できるようになり、多くの場合、プロジェクトのステータスは最初からより正確かつ効率的に測定されます。

とはいえ、このプロジェクト管理アプローチにも関連する欠点がいくつかあります。 主に、プロジェクトの早い段階で要件と目的をレイアウトして定義するのは難しい場合があります。 このアプローチには、細部への細心の注意と、すべてのタスクと成果物の完全な内訳も必要です。 最後に、プロジェクトが時間外に実行されたり、予算を超過したりするリスクが依然として存在します。

しかし幸いなことに、このプロジェクト管理モデルに関連するリスクは、慎重に実施することで排除できます。

スコープ クリープを回避するその他の方法

ウォーターフォール手法の手法は、スコープ クリープのインスタンスを回避する唯一の方法ではありません。 最初から明確に定義された目標を持ち、バックアップ計画を作成することは、このリスクを首尾よく軽減するための効果的なソリューションです。

さらに、チーム内のコミュニケーションを強化し、有益なキックオフ ミーティングを主催し、当初の目的を変更する追加の指示にいつノーと言うべきかを知ってください。 お金に見合った価値を求めている困難なクライアントとの課題を経験している場合でも、変更や変更にいつノーと言わなければならないかを知ることは重要です.

最後に、追加の指示オプションを提供することは、プロジェクト管理におけるスコープ クリープ リスクを排除するもう XNUMX つの効果的な方法です。 途中での変更に対応できる計画を作成します。 変更に対応するための計画を作成することで、スコープ クリープのインスタンスをより少ない悪影響で処理できます。

明確なプロジェクトの概要と定義された目標により、アジャイル プロジェクト管理モデルからスコープ クリープのリスクを排除することもできます。 したがって、ウォーターフォールの方法論モデルを変更したくない場合は、現在の管理モデルを評価し、既存のアクション プランを改善する方法を探してください。

ボトムライン

プロジェクト マネージャーとして、プロジェクトを可能な限りスムーズに実行し続け、最高の結果をもたらすのはあなた次第です。 また、スコープ クリープのような一般的な管理ミスを完全になくすのは難しい場合がありますが、これらのリスクやその他の関連するリスクを減らすために積極的な努力をすることが不可欠です。

チームに相談し、次のプロジェクトを管理するためのウォーターフォール方法論アプローチを検討してください。 チームの全員が新しい管理モデルに参加したら、一連のプロセスの正確な手順について話し合い、チーム メンバー全員が確実に理解できるようにします。

とはいえ、この新しいプロジェクト管理アプローチを歓迎するときは、細かく管理する習慣に陥らないようにしてください。 マイクロ管理には、独自の一連の失敗があります。 そして、この管理スタイルが最も有毒で効果のないものの XNUMX つとして急速に認識されるようになっていることを考えると、チーム メンバーとその能力を信頼することが重要です。


愛を広めます

コメント