カナダでの勉強がインドよりも優れている理由.

著者の写真
エメカ・エレッグ脚本の作品

 

愛を広めます

カナダやインドへの留学を検討しているかもしれません。 カナダでの勉強がインドよりも優れている理由について話し合います。 

カナダは、人口が約 2 万人で、国土面積が世界で 34 番目に大きい国です。 世界で最も急速に成長している経済の XNUMX つです。

広告

より多文化社会であり、より多くの人々が英語を話します。 一方、インドの人口は 1 億人を超え、世界で 7 番目に大きい国です。 

以下は、カナダで勉強するメリットがインドで勉強するよりもはるかに優れている具体的な理由です。 

この洞察に満ちた乗り物に乗るときは、シートベルトを締めてください。

カナダでの勉強がインドよりも優れている理由

カナダで勉強する方がインドで勉強するよりも優れている理由

1.多様性

カナダ社会は非常に多様であり、大学制度も同様です。 カナダには、中国国外で最大の華僑を含む 200 を超える移民グループが住んでいます。

カナダは民族的に多様であり、その多様性が創造性と革新を促進しています。 

インドは大部分がインド人であるため、社会的結束に貢献する大規模な移民人口はありません。

ヒンディー語、マラーティー語、タミル語などの現地語は、背景に関係なく、インドのほぼすべてのインド人によって話されています。 カナダでは、多くの人が自宅や職場で中国語、フランス語、スペイン語などの異なる言語を話しているのを聞くことは珍しくありません。 

インドの大学は、主に XNUMX つの地域からの学生でいっぱいです。 カナダでは、留学生が非常に多いため、学生は世界中のどこからでも来ることができます。 

したがって、世界のどの地域から来たとしても、カナダの文化と教育システムの自由度は、より保守的なインドのサークルよりもそのような環境に簡単に定住できるため、インドよりもこの利点を保持しています。

2.学術的卓越性

インドの大学は優れていますが、カナダの大学に匹敵するレベルではありません。

カナダの大学の学問的卓越性は、世界の主要大学と同等です。 カナダの大学は、インドよりも優れた配置記録を持っていることがわかります。 

留学生の受け入れは、学問の多様性を高め、イノベーションを促進します。

3.学びながら稼ぐ

カナダは独自の法律により、すべての留学生に学期中は週に最大 20 時間、夏季および冬季休暇中はフルタイムで働く機会を提供しています。 

その上、学生は起業家精神とインターンシップの道を探ることができます。 . 学業許可証はアルバイトの検索をサポートするのに十分であるため、キャンパス内または企業のインターンとして働くために別の労働許可証は必要ありません。

広告

以下の続きを読む

広告

インドの学生であることは、勉強中に稼ぐ機会が限られています. 時間外の仕事に就いたり、授業を休んだりして、余分なお金を稼ぐ必要があるかもしれませんが、そのようなシナリオはカナダでは見られません.

これが、カナダでの勉強がインドよりも優れているもう XNUMX つの理由です。

4.個人の安全

この側面の重要性を軽視することはできません。 世界が狭くなった今、安心して留学できる環境が求められています。 カナダは、国連人間開発指数によると、世界で 6 番目に安全な国にランクされています。

グローバル ピース インデックスによると、カナダは世界で 2019 番目に安全な国であり、XNUMX 年のランキングを維持しています。

カナダは、世界で最も友好的な人々に加えて、優れた雇用の見通し、医療への容易なアクセス、効率的な統治を提供しています。 隣国である米国と比較して、カナダの犯罪率は約 XNUMX 分の XNUMX 低い。

広告

広告

ただし、インドでは、安全上の懸念から夜間や混雑した市場を一人で旅行することには注意が必要であり、女性が家を出るときは常に誰かと一緒にいる必要があります.

5. 画期的な研究機会

カナダには、最高の博士号の一部にランク付けされた最も権威のある研究プログラムの XNUMX つがあります。 プログラム。

マギル大学、トロント大学、クイーンズ大学、ウェスタン大学などの大学のコースは、工学、科学、経営管理などのさまざまな科目について、カナダで提供される最高のコースにランクされています。

6. トンネルの先にある仕事

インドは世界で最も急速に成長している経済の XNUMX つですが、卒業生にはほとんど何も提供していません。 一方、カナダの卒業生は、カナダの無料教育プログラムにより、より良い雇用機会を得ることができます。

カナダの失業率はインドに比べて大幅に低く、これは就労市場に参入しようとしている大学生にとってはありがたいことです。 

医学、経済学、ビジネス、エンジニアリングなど、さまざまな分野で利用できる求人が増えています。

7. 高度な高等教育と、奨学金や奨学金などの特典 

カナダ政府は、世界中の学生に多くの奨学金と奨学金を提供しています。 彼らは、国際的な学部生、大学院生、および博士号を提供しています。 授業料、書籍、生活費のローンを持っている学生。

カナダで勉強しているカナダ人学生は、このプログラムに申し込む権利があります。 カナダの大学教育の費用は、学生ローンや助成金で賄える以上のものです。 カナダ政府は、奨学金や奨学金を通じて留学生に経済的支援を提供しています。

広告

これをチェック ビューロー 留学生のニーズに対応するためにカナダに設立されました(奨学金を含む)。 これは、カナダ政府が、留学生がカナダ滞在中に経済的に苦しまないようにすることの重要性を十分に認識していることを示しています。

広告

以下の続きを読む

8. 永住権

広告

以下の続きを読む

広告

勉強を終えた後、学生はカナダ市民になるために申請する機会があります。 カナダ政府は、留学生が国内に留まることを歓迎しています。

カナダ政府は近年、永住権を求める留学生にとって有益な調整を行っています。 以下は、留学生が手続きを迅速に行うための最も重要なXNUMXつの規則です。

カナダで学んだ学生は、カナダの体験クラスのおかげで、母国で移民を申請できるようになりました。

オープン就労許可 — 資格に応じて、XNUMX 年以上海外で勉強した留学生は、XNUMX 年間のオープン就労許可を申請できます。

広告

これらのプログラムは両方とも、カナダの永住権を取得する準備として、適切に計画を立て、実務経験を積む機会を学生に提供します。

広告

以下の続きを読む

9.手頃な価格

カナダの学士号の平均授業料は $6,630 です。 アメリカに留学するより断然安いです。 米国の留学生でさえ、授業料はカナダほど手頃ではありません。

結論

したがって、上記のすべてのことから、カナダとインドのどちらで勉強するかを選択する場合、カナダはインドに勝っています。 今、それはすべて個人と彼が最も重要だと思うものに依存します.

しかし、もしあなたがカナダで勉強することを決心したなら、インドで勉強するよりも良い、より完全に楽しい経験になるので、一生そうするでしょう.

このような詳細情報を探している場合は、これをチェックしてください – カナダやオーストラリアで仕事を見つけるのは簡単ですか?


愛を広めます

コメント