アジア諸国とその首都とGDP(2024年)

愛を広めます

によってレビュー ソリウ.

アジアの注目すべき国とその首都には次のようなものがあります。 日本(東京)、中国(北京)、インド(ニューデリー)、韓国(ソウル)、インドネシア(ジャカルタ)など。これらの国々はGDPの点でアジアの中でも最高の国の一つです。

世界最大かつ最も多様な大陸であるアジアには、多くの国があり、それぞれに独自の首都があります。 いくつか例を挙げると、アフガニスタンの首都はカブール、アルメニアの首都はエレバン、中国は北京、インドはニューデリー、そして東京は日本を支えています。

南に向かうと、インドネシアの中心はジャカルタですが、マレーシアの中心はクアラルンプールです。 サウジアラビアやイラクなどの中東諸国には、それぞれリヤドとバグダッドがある。 北東には、大陸横断国家であるロシアが首都をモスクワに置き、韓国はソウルで繁栄しています。

これはほんの表面をなぞっただけで、西はトルコのアンカラから東はフィリピンのマニラまで、アジアには膨大な数の国が含まれており、それぞれの首都に豊かな歴史、文化、伝統のタペストリーを誇っています。

アジア諸国とその首都

アジア諸国とその首都には、日本(東京)、中国(北京)、インド(ニューデリー)、韓国(ソウル)、インドネシア(ジャカルタ)、トルコ(アンカラ)、タイ(バンコク)、マレーシア(クアラルンプール)、ベトナムが含まれます。 (ハノイ)、シンガポール(シンガポール市)。 

以下のリストでは、アジアのいくつかの国とその首都を概説します。

アジアの国資本金
アフガニスタカブール
アルメニアエレバン
アゼルバイジャンバクー
バーレーンマナーマ
バングラデシュダッカ
ブータンティンプー
ブルネイバンダルスリブガワン
カンボジアプノンペン
中国Beijing
キプロスニコシア
東ティモールディリ
トビリシ
Indiaニューデリー
インドネシアジャカルタ
イランテヘラン
イラクバグダッド
Israel エルサレム
日本東京都
ヨルダンアンマン
カザフスタンヌルスルタン
クウェートクウェートシティ
クリグスタンビシュケク
ラオスヴァレンタイン
レバノンベイルート
マレーシアクアラルンプール
モルディブ男性
モンゴルウランバートル
ミャンマーネピドー
ネパールカトマンズ
北朝鮮平壌
オマーンマスカット
パキスタンイスラマバード
フィリピンマニラ
カタールドーハ
ロシアモスクワ
サウジアラビアリヤド
シンガポールシンガポール
South Koreaソウル
スリランカスリ・ジャヤワルデネプラコッテ
シリアダマスカス
タジキスタンドゥシャンベ
Thailandバンコク
Turkeyアンカラ
トルクメニスタンアシガバート
アラブ首長国連邦アブダビ
ウズベキスタン任務
ベトナム花井
イエメンサヌア

アジア諸国とそのGDP

アジアで一人当たりGDPが最も高い国はどこですか? この疑問は、大陸の経済状況を評価するときによく起こります。

 包括的な概要を提供するには、アジアのさまざまな国の経済動向、成長傾向、繁栄に寄与する要因を調べることが不可欠です。

アジアの経済力はいくつかの主要企業によって支配されています。 中国 最大の経済国として群をリードしています。 

中国の経済力は非常に大きく、中国だけで2021年の大陸のGDP増加分の半分以上に貢献し、2兆ドルを超えている。 この目覚ましい成長は、中国が世界経済の舞台で上昇し続けていることを裏付けています。

日本、インド、韓国、インドネシアがこれに続き、合わせてアジア経済の 76.5% のシェアを占めています。 

これらの国々は一貫して経済の回復力と成長の可能性を実証しており、地域の繁栄に不可欠な存在となっています。

将来を見据えると、アジアには GDP が 1 兆ドルを超える 23 つの経済国があり、100 か国が XNUMX 億ドルの基準を超える経済規模を誇っていることは注目に値します。 

これらの統計は、確立された経済大国と新興企業が成長を牽引するこの地域の驚くべき多様性を浮き彫りにしています。

2021 年には、アジア経済のランキングに大きな変動が見られます。 サウジアラビアはトルコを追い越してXNUMX位の座を獲得する予定であり、一方アラブ首長国連邦はフィリピンを追い越そうとしている。 

かつて著名な金融ハブであった香港特別行政区は、この地域の経済情勢の変化を反映して、マレーシアとシンガポールに追い抜かれる可能性に直面している。

世界舞台におけるアジアの影響力は否定できず、アジアの XNUMX つの経済大国が世界のトップ XNUMX の経済大国の地位を確保しています。 

さらに、注目すべき 50 のアジア経済が世界の GDP ランキングでトップ XNUMX に入っています。

 これは、世界舞台に広範な影響力と影響力を持つ経済大国としてのアジアの役割を強調しています。

ただし、大陸全体ですべてが均一に成長しているわけではありません。 2021年にはアジア46カ国のGDPが増加すると見込まれる一方、ミャンマー、東ティモール、ブータンのXNUMXカ国は名目GDPが減少すると予想されている。 

これらの縮小は、地政学的な課題や経済の不安定性など、さまざまな要因に起因すると考えられます。

最初の質問に戻りますが、アジアで一人当たり GDP が最も高い国はどこですか? この質問に対する答えは時間の経過とともに変化し、人口規模、経済政策、資源配分などのいくつかの要因によって決まります。 

シンガポールやカタールなどの地域では、一人当たりのGDPがアジアで最も高いと推定されている場所もありました。

ただし、これらのランキングは変更される可能性があるため、最新の情報については最新のデータや経済レポートを参照することが重要です。 

一人当たりの GDP は、国民の生活水準と経済的幸福を評価するための重要な指標であり、アジアの経済情勢を広範に議論する際に不可欠な考慮事項となっています。

PPP データでは、アジアの XNUMX つの最大の経済大国は、中国、インド、日本、インドネシア、トルコです。 

これらの国々は集合的に大きな経済力を行使し、アジア全体の繁栄を形作っています。

 さらに、2021 年にはアジア 1 か国が国際経済を上回ると予想されています。 GDPは100兆ドルをマークし、そのうちXNUMXカ国はインターナショナルを超える経済を誇るでしょう。 XNUMX億ドル。 

この多様性は、大陸の複雑な経済状況を強調しています。

カタールとウズベキスタンは、PPP調整後のGDPでミャンマーを追い越し、注目すべき進歩を遂げる準備ができている。 

この変化は、経済力学の変化とこれらの国の成長の可能性を反映しています。 逆に、レバノンは現在進行中の財政難を反映して、ランキングで2つ順位を下げると予想されている。

アジアが世界経済の舞台に与えている影響は紛れもなく、アジアの XNUMX つの経済国が PPP ベースで世界のトップ XNUMX の経済大国の地位を確保しています。 

さらに、アジアの 50 か国が世界の GDP (PPP) ランキングで上位 XNUMX 位以内に位置しています。 これは、世界経済におけるアジアの広範な影響力と重要な役割を浮き彫りにしています。

しかし、すべての国が均一な経済成長を経験しているわけではありません。 2021年には、アジアXNUMXカ国のGDP(PPP)が増加すると予測される一方、ミャンマー、レバノン、東ティモールのXNUMXか国はPPP調整後GDPが減少すると予想されている。 

これらの縮小は、経済的不安定、地政学的課題、その他の特殊な状況など、さまざまな要因に起因する可能性があります。

 この指標は、国民の生活水準と全体的な経済的幸福度を示す重要な指標であり、時間の経過や国によって異なる場合があります。 

好きな国 カタール 人口が少ないことと豊かな富があることが主な理由で、アジアの中でも最も高い一人当たりGDPの数値を誇っています。

ただし、これらのランキングは時間の経過とともに変化する可能性があることに注意することが重要です。 アジアの一人当たり GDP に関する正確かつ最新の情報を得るには、最新のデータや経済レポートにアクセスすることが重要です。 この指標は、アジア諸国の相対的な繁栄と生活の質についての貴重な洞察を提供します。

PPP調整後のGDP(百万米ドル)と一人当たりGDP(米ドル)

国/地域GDP PPP (百万米ドル)一人当たりGDP PPP (USD)
アフガニスタン76,4862,094
アルメニア32,90911,083
アゼルバイジャン187,26018,615
バーレーン76,12350,931
バングラデシュ864,6575,739
ブータン8,1999,876
ブルネイ36,92080,383
ミャンマー355,6096,707
カンボジア79,9344,664
中国27,308,85719,503
香港(中国)490,88064,927
45,39812,227
イラク13,033,6699,377
インドネシア3,737,48413,998
イラン1,470,66117,661
イラク705,05918,025
Israel 354,19739,121
日本5,888,91346,827
ヨルダン97,1619,648
カザフスタン 537,66428,849
北朝鮮N/AN/A
South Korea2,319,58544,740
クウェート312,10066,386
キルギスタン25,9154,056
ラオス58,0918,109
レバノン91,28615,049
マカオ77,360115,913
マレーシア1,078,53732,880
モルディブ8,66723,311
モンゴル47,21714,308
ネパール176,1235,800
オマーン203,95947,365
パキスタン1,202,0915,871
フィリピン1,085,7589,818
カタール365、835132,886
南アラビア1,898,51175,704
シンガポール887,004157,364
スリランカ304,62613,897
シリアN/AN/A
Taiwan1,300,21255,078
タジキスタン33,3513,589
Thailand1,383,02230,364
東ティモール6,8235,254
トルクメニスタン121,88520.410
アラブ首長国連邦746,35069,434
ウズベキスタン297,2228,999
ベトナム1,035,00010,500
イエメン72,1712,280
Turkey2,346,57628,264

アジアで一人当たりGDPが最も高い国はどこですか?

広大なアジア大陸において、都市国家は地球上で最も裕福で繁栄した場所として際立っています。

 アジアで最も繁栄している国はシンガポールであり、「ライオンシティ」としても知られ、輝かしい名声を誇っています。 この栄誉の中核となるのは、107,690 ドル (PPP International) という並外れた一人当たり GDP です。 

しかし、地域のライバルとは異なり、シンガポールは石油や天然資源の量で際立っているのではなく、驚くべき経済的成功に貢献した要素のユニークな融合で際立っています。

経済的豊かさを目指すシンガポールの歩みは、先見の明のあるガバナンス、戦略的計画、そして繁栄への道を切り開いてきた原則への揺るぎない取り組みの力の証です。 

アジアの多くの近隣諸国とは異なり、シンガポールは富を支えるために膨大な石油埋蔵量や資源による収入に依存していません。 その代わりに、世界貿易拠点としての地理的優位性と賢明な経済政策を活用して、繁栄した経済を築き上げてきました。

シンガポールの富の基礎の XNUMX つは政府の腐敗の欠如にあります。 

トランスペアレンシー・インターナショナルはシンガポールを世界で最も汚職の少ない国の一つとして常にランク付けしている。 クリーンで責任ある透明な政府を維持するというこの取り組みは、国内外の投資家に信頼をもたらしました。 

シンガポールでの商取引は高い信頼のもとに行われており、投資天国としてのシンガポールの評判をさらに高めています。

さらに、シンガポールは起業家精神とイノベーションを促進するビジネスに優しい環境を注意深く育ててきました。 

この都市国家は、強固な法的枠組み、効率的な規制プロセス、高学歴の労働力を誇っています。 この組み合わせにより、シンガポールのダイナミックな経済エコシステムを活用しようとしている世界中の起業家や企業が集まります。

シンガポールの戦略的な位置は、経済の発展においても極めて重要です。 世界貿易ルートの交差点に位置し、世界のサプライチェーンにおける重要なリンクとして浮上しています。 

この戦略的な位置づけにより、地域または世界本社の設立を検討している多国籍企業にとって理想的な目的地となっています。 これらの国際企業の流入は資本をもたらし、高価値の雇用を創出し、イノベーションを促進しました。

ビジネス寄りの政策と強力なガバナンスに加えて、シンガポールは教育と労働力開発への取り組みが経済成長を推進してきました。

 この都市国家は一貫して国民に投資し、質の高い教育とスキルトレーニングへのアクセスを確保しています。 人的資本を重視した結果、知識ベースの経済の変化する需要に対応できる、有能で順応性の高い労働力が生まれました。

シンガポールの富は非資源部門で築かれていますが、アジアで 100,040 番目に裕福な国であるカタールの物語は異なる軌道をたどります。 中東のアラビア半島に位置するカタールは、一人当たり GDP が XNUMX ドル (PPP Int$) の石油が豊富な国です。 

その繁栄は主に世界最大級の石油埋蔵量によって支えられています。 これらの膨大なエネルギー資源は莫大な富の源となり、カタールを世界の豊かさの上層部に押し上げてきました。

カタールの石油埋蔵量は、少なくともXNUMX年間は経済的繁栄を維持するのに十分な量である。 この貴重な資源により、国はインフラ、教育、医療に多額の投資を行うことができ、国民の生活の質が向上しました。

 また、石油輸出から得られる収入により、カタールは金融、不動産、スポーツに投資することで経済を多角化し、財政の将来をさらに確保することができました。

人的資本を重視した結果、知識ベースの経済の変化する需要に対応できる、有能で順応性の高い労働力が生まれました。

シンガポールとカタールは、アジア内で富への大きく異なるXNUMXつの道を代表していますが、健全なガバナンス、戦略計画、資源管理の変革力を実証しています。 シンガポールの富は誠実さ、ビジネスフレンドリーさ、イノベーションの評判に基づいており、カタールは豊富な石油資源と先見の明のある投資で繁栄しています。 

これらの国々は共にアジアの繁栄の灯台としての役割を果たしており、豊かさへのユニークな道のりが世界中で賞賛を集めています。

要約

結論として、アジアは国、文化、経済の点で驚くほど多様性があることで知られる大陸です。 この簡単な概要では、アジアのいくつかの国、首都、2021 年から 2023 年の名目 GDP 数値に焦点を当てています。 

アジアには、中国や日本のような金融大手からベトナムやバングラデシュのような新興国まで、さまざまな経済情勢が含まれています。

これらの国にはそれぞれ独自の強みと課題があり、アジアの経済ストーリーの豊かなタペストリーに貢献しています。 さらに、アジアには独特の経済的特徴を持つ多数の国が存在するため、このリストは不完全です。

経済データは動的であり、世界市場の動向や国内政策などのさまざまな要因により急速に変化する可能性があります。 

したがって、アジア諸国の経済に関する最新かつ正確な情報を得るには、権威ある機関や政府機関が提供する最新のレポートや情報源を参照することが不可欠です。


愛を広めます

コメント